胃腸外科

患者さんへ

写真

胃腸外科では、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、直腸、そして肛門まで、いわゆる消化管と呼ばれる管腔臓器の疾患を対象としています。消化器がんは、この領域に発生する割合が高く、外科的切除が必要な患者様は非常に増加してきています。私たちの診療科では、外科的切除の場合、身体の負担が少ない低侵襲手術(胸腔鏡、腹腔鏡)を積極的に適応し、術後の合併症が少なく回復の早い経過を目指しています。

また、ロボット支援下手術を導入することで、難易度の高い手術をより精緻に根治的に行うことも目指しています。さらに、近年開発の進歩がめざましい薬物療法(化学療法、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害剤など)や放射線治療を駆使して、根治性を高めたり、切除不能な進行がんを切除可能にしたりして、がん患者様の希望に応えるべく日々努力しています。

その他、炎症性腸疾患や、消化管粘膜下腫瘍、高度肥満に対する減量手術(胃スリーブ状切除術)など、多岐にわたる疾患に対応しています。すべては患者様のために、地域に根差し、世界に発信できる集学的外科治療を追求しています。

診療への取組み

食道癌に対する外科治療

胸腔鏡下食道切除術、ロボット支援胸腔鏡下食道切除術。

胃癌に対する外科治療

腹腔鏡下胃切除術、ロボット支援腹腔鏡下胃切除術 。

胃GIST (粘膜下腫瘍)に対する外科治療

腹腔鏡・内視鏡併用胃局所手術、経皮的内視鏡下胃内手術 。

大腸癌に対する外科治療

腹腔鏡下大腸切除術、腹腔鏡下直腸切除術、TaTME (経肛門的直腸間膜切除)手術 。

肥満症に対する外科治療

肥満手術 。

炎症性腸疾患に対する外科治療

クローン病、潰瘍性大腸炎などに対する手術 。

写真

診療実績

  2016 2017 2018 2019 2020
食道悪性腫瘍手術 胸腔鏡 17 21 18 9 0
  ロボット支援 0 0 3 19 25
  総数 19 21 22 30 26

胃悪性腫瘍手術

腹腔鏡 19 15 16 13 24
  ロボット支援 0 9 8 7 5
  総数 59 64 60 64 52
大腸悪性腫瘍手術 腹腔鏡 56 70 62 66 71
  taTME 0 5 16 22 22
  総数 68 79 74 80 78

外来について

金沢大学付属病院のウェブサイトをご覧ください。

スタッフ紹介

胃腸外科のスタッフを紹介します。

ご相談
お問い合わせ
患者さん、医療関係者の方など
お気軽にご相談ください。